緑内障5アプローチ改善プログラム 治療TOP > 緑内障の基礎知識 > 早期発見するには?

早期発見するには?

 
緑内障を早期発見するにはどうすればいいのでしょうか?


緑内障は初期の段階ではほとんど症状がなく、目が痛くなると緑内障ではないかと心配される人もいますが、目が痛くなるタイプは全体のほんの数パーセントしかなく、ほとんどは痛みなどの自覚症状がない開放隅角緑内障です。


症状を強いて言えば、眼精疲労や老眼などと同じ症状がありますが、それらは特有の症状といえません。
そして、視野異常や視力低下に気づいた時には既に、末期近くに進行しているケースも少なくありません。


その為、早期発見、早期治療が必要です。
緑内障は目の成人病と言われるように、40代くらいになると急激に増えてくる目の病気ですので、その年代になれば年に1回くらいは眼科検診を受けることが大切です。


現在のところ早期発見するには眼科での眼圧や眼底、視野などの検査を受けるしかりません。
ですが、これは目の病気全般に言えますが、視野に関しては片方の目をつぶって確認するということも有効です。


緑内障の症状の変化は、視神経に障害が出て視野が欠けていくことですので、両目で物を見ている状態では、視野が一部欠けていても気づきにくいものです。
その為、気づいたら視野障害がかなり進行していることも多いです。


ですので時々、しっかり片目をつぶって片目で正常に物が見えるか、視野は欠けていないかなど自己チエックしてみると良いでしょう。


点眼薬や手術に頼らず、自分で緑内障を改善する方法!

緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラムの公式サイトはこちら >>




緑内障の基礎知識記事一覧

緑内障の症状

緑内障は、初期症状での段階では自覚症状がほとんどなく、目が疲れる、痛む、かすむなどで疲れ目や老眼と間違えやすい病気です。そして、緑内障は、慢性と急性があり、生まれつき眼...

早期発見するには?

緑内障を早期発見するにはどうすればいいのでしょうか?緑内障は初期の段階ではほとんど症状がなく、目が痛くなると緑内障ではないかと心配される人もいますが、目が痛くなるタイプ...

緑内症のタイプ

ご自身の緑内障のタイプが分かりますか?緑内障は、眼圧によって眼球の後ろにある視神経が圧迫されて障害を起こし視野が狭くなっていく病気ですが、ひとくちに緑内症と言ってもいく...

緑内障の現在の治療法

現在の緑内障の治療の基本は、眼圧が房水の循環や排出が悪くなることで眼圧が上がり、視野が欠損を起こすことから、これらを改善して眼圧を下げ、視神経の圧迫を取り除き、視野の欠損の進行を防...

緑内障は遺伝するの?

緑内障は遺伝傾向があるとされ、緑内障の発症には家族歴が重要な危険因子の一つとも言われていますね。両親や兄弟、姉妹など家族の誰かに緑内障の人がいるようなら、同じように発症...

緑内障の視野欠損の進み方

緑内障の視野欠損の進み方をご存じですか?緑内障の多くのケースでは、一番良く見える視野の中心部を除いたかたちで、その中心よりやや上の部分や、鼻側の周辺か少しずつ視野が欠けていきま...